株式会社丸八

お問い合わせ

TEL 0765-24-1311

文字サイズ

MENU

よくわかる!ガストーク

ガスが臭いわけ。
1/1000
以上の濃度で感じる臭いをわざと付けています。

ガス漏れに備えた臭〜いひと工夫!

ガスを添加する瞬間にふと感じるタマネギが腐ったような臭い。これは人工的に付けられた不快な臭いで、LPガスでは「着臭」、都市ガスでは「付臭」といいます。
実はLPガスは本来無臭。例えば香水のように心地よい臭いだと人は危険を感じません。着臭の目的は、万一LPガスが大気中に漏れたときに臭いで感知できるようにするためであり、その濃度が1000分の1という微量でも感じ取れるようになっています。ただしこの臭い成分は燃えると無臭になるので、LPガスが正しく使われている限りはほとんど臭いません。